×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home 財布 フェラガモ

このバッグは、ちょうど私にunderwhelms。それは創造性を欠いていると新しいタッチを欠いている。これは、ボッテガ·ヴェネタは、エルメスがその袋の上部にバックルを配置唯一のブランドであることを革を編むか、唯一のブランドであるべきことではありませんが、彼 ​​らはただこのバッグよりも、それは良いか。時間と時間が再びそれは私がプラダから見たものを上回ってように私は、フェラガモからもっと期待して続けた。しかし、今日、このトートバッグは、ちょうどまあまあです。私は黒い袋に金と銀のハードウェアとの間の戦いでフェンスによ。一方で、私は本当に工業風のスタイル(私は先月に6904回くらい言ったように)と銀のハードウェア(およびそれの多く)気に入っているのは基本的にその外観を達成するために行くための唯一の方法である。また、私は唯一のシルバージュエリーを着用してください。一方、ゴールドのハードウェアは、袋のグラム感性といくつかのルックスのために完全であるレトロなエッジのビットを提供します。どちらにしても、時にはハードウェアカラーのような単純なものでは外観を作るか、または壊すのに十分です。特に限りハードウェアとバッグの中フェラガモブラックラムスキントート。私は大好きなスタイル混入-一緒にアイレットコルセットを思い出させる、それはコルセットやバッグの両方が彼らの仕事を行うために、同じ部品のいくつかを使用するので作るクールなリファレンスのように思える-それはすべてのが。リベットとストラップは、バッグの細部に迷子にならないように十分な大きさですが、何かが私のための少しオフになっています。私は本当に、本 ​​当にこのバッグは、銀のハードウェアを持っていると思います。 どう ​​いうわけか、それはあくまでも参考と今シーズンのトレンドのための両方のためのより適切と思われる。私が最初にこの新しいに目を置いたときにフェラガモバッグ、私はそれを愛した。そして、私はそれを見て、自分自身に考え続け、このバッグは妙に精通している。設計された別のブランドがあるのハンドバッグを、それらが関連しているようないくつかの仕上げ以外のことをこのフェラガモバッグの前には、見えます。私が話していヘイデンハーネットワイストートでベストセラーの一つとなっている、ヘイデンハーネットとしばらくの間彼らのコレクションにあったバッグ。ワイスは、いくつかの天井高とフリンジのビットを持っています。ワイストートの価格は半分フェラガモバッグのことです。を介して購入725ドルのためにヘイデンハーネット。フェラガモソフトレザーショルダーバッグは、この全体の投稿が起こったバッグです。革は、構造化されたトップハンドルと2フロントポケットと非常に柔らかく、夕食に見えます。ゴールドトーンバックルの詳細は、バッグの表情で完璧にフィットします。フェラガモバッグの全体的な感じがワイストートと直接一致しない、それはより多くの微妙かつ控えめです。このバッグは、何かオルセン双子着て見られるのことを思い出す。私はそれを崇拝する。私はスタッズが多くに見られることが大好きハンドバッグ秋と冬のために。これは右の完璧なタッチ、ロッカーエッジのビットを与える行わ傾向です。私も、秋のための私のちりばめられたバッグの購入を把握するために、私は今、傾いています場所がわからないでしようとしてきた。しかし大ちりばめ袋を感じていないことあなたのそれらのために、ちりばめられたクラッチはパンチをもたらすでしょう。シルバーとゴールドのスタッド装飾は飾るフェラガモスタッズレザークラッチを。デザイナーだけで裏面のクマと孤独を残して、クラッチの片側にスタッズを置くときに私のいらいらの一つがある。このクラッチはどちらの側にスタッドレスを残していません。彼らがこのメッセンジャーバッグと呼ばれている理由、それは明らかに、オプションのショルダーストラップ付き特大クラッチであるとき、私は見当がつかない。それにもかかわらず、ここにあるフェラガモキルティングスエードメッセンジャーバッグ明らかに我々の心に秋になっている。

メンズ フェラガモ

フェラガモ シューズ

4.8 (from 69857 reviews)